埼玉県さいたま市の認定こども園母の会(JR浦和駅より徒歩12分)

石川県在住の主婦水野スウさんという方が、1983年から毎週水曜日にご自宅で開いている「紅茶の時間」。もうかれこれ、20年以上続いている企画です。その「紅茶の時間」を母の会に出前してもらいました。企画は、園ではなく、園の保護者の1人が中心となった有志のメンバーです。

50人以上の方が参加してくださいました。地域の方で、はじめて園に来ました、という方も大勢来てくださり、とてもうれしかったです。

水野さんのお話は、私たちが持っている憲法がいかに大切かを語ってくださいました。憲法13条は、一人ひとりの個を大切にした「be」の条文であること。12条は、私たち一人ひとりの「不断の努力」が大切な「do」の条文であること。そして、12条と13条を足した25条生存権は、まさにこの2つの条文を掛け合わせたものであることをお話しいただきました。

子どもたちの未来を創る仕事をしている私たち保育者も、大切にしたいことをたくさん学びました。6月25日には、水野スウさんも登場するドキュメンタリー映画『不思議なクニの憲法』を、園で上映する予定です。

DSC_2979 DSC_2993

コメントは受け付けていません。


 
草の帯